アンザ・ボレゴ・デザート州立公園は、24万2811ヘクタール以上もの面積(神奈川県と同等の面積)をもつカリフォルニア州最大の州立公園です。サンディエゴ郡の東側に位置する公園で、サンディエゴ(San Diego)パーム・スプリングス(Palm Springs)から約2時間でアクセスすることができます。この公園は、見る時間によって様々に変化する広大な荒地の景色と春に咲き誇るワイルドフラワーが有名です。また、日没後には素晴らしい星空が広がり、その美しさから、この公園はインターナショナル・ダーク・スカイ・パークにも指定されています。

「アンザ・ボレゴ」という名前は1774年に砂漠を横断した有名なスペイン人探検家フアン・バウティスタ・デ・アンサの名前と、この地に生息するオオツノヒツジにちなんでスペイン語で羊を意味する「ボレゴ」を組み合わせたものです。

アンザ・ボレゴ・デザート州立公園の最大の見どころは、日没や日の出の時間にみるボレゴの荒地の風景です。荒地に波打つように突き出た尾根が黄金色の丘陵と砂色の小渓谷にくっきりとした影を描きす光景はまるで別世界にいるかのようです。

その風景が最も美しく眺めることができるスポットは、”カリフォルニアのグランドキャニオン”と呼ばれるフォンツポイント(Fonts Point)。ここはカメラマンたちに人気のスポットで、日没時や満月の夜には多くの人が集まります。ただし、ここへ行くためには未舗装路を6.4kmほど走らなければならず、4WDのクルマでしか行くことができません。レンタカーで訪れる人は、カリフォルニア・オーバーランド・デザート・エクスカージョン社(California Overland Desert Excursions)などが催行する半日または1日のガイド付きジープツアーに参加してサンセットから夜の星空を楽しむのがよいでしょう。

この他にもアンザ・ボレゴ・デザート州立公園には、2000年前にアンザボレゴ砂漠に住んでいたネイティブアメリカンの部族が描いたペトログリフや絵文字のロックアートを見ることができるリトルブレアバレーのピクトグラフトレイルや、自然が作り出したテーマパークのアトラクションのようなシルト岩の峡谷ザ・スロット(The Slot)など必見のスポットが広大な園内に点在しています。

アンザ・ボレゴ・デザート州立公園へのアクセスは、まずボレゴ・スプリングス(Borrego Springs)の町を目指し、パームキャニオン・ドライブ(Palm Canyon Dr)に沿って進みます。そしてアンザ・ボレゴ・デザート州立公園ビジターズ センターを訪問し、園内の見どころや最新情報を得てから、公園内へと進んでいくことをオススメします。この公園は未舗装道路が多いため、道路状況について必ず確認しておくことがトラブルを未然に防ぐポイントです。なお、春のワイルドフラワー鑑賞を目的とする場合は、公園のワイルドフラワーホットライン(760-767-4684)に開花状況を問い合わせてから出かけることをお忘れなく!

Anza-Borrego Desert State Park
Address: 200 Palm Canyon Dr, Borrego Springs, CA
Web Site: Anza-Borrego Desert State Park

photo: ©︎Brand USA