オールドタウン(Old Town San Diego)は、サンディエゴ(San Diego)”発祥の地”といわれるエリアでダウンタウンから北西に5kmほどのところにあります。その歴史を辿ると、1769年にサンディエゴ・プレシディオ(Presidio of San Diego)の砦とカリフォルニア最初のミッション、サンディエゴ・デ・アルカラミッション(San Diego deAlcalá)が建てられ、ヨーロッパの入植者達の集落がつくられたことに始まります。その後、1821年にメキシコの統治下となり、米墨戦争後の1850年にアメリカ領となり、1869年に作られたニュータウン(現在のガスランプ・クォーター)にサンディエゴの中心地としての役割は失われましたが、この町はメキシコの文化を残す独自のスタイルとカリフォルニア初期の歴史を残す街として人気エリアとなりました。

オールドタウンには、オールドタウン州立歴史公園をはじめ、19世紀の歴史的な建物が復元・保存されています。その多くは、ショップやレストラン、博物館などに利用されており、当時の歴史に触れることができます。オールドタウン・サンディエゴ州立歴史公園(Old Town San Diego State Historic Park)の中には、19世紀当時の街並みが再現されています。ショップや博物館に立ち寄りながら公園内を散策すれば、当時の人々の生活を垣間見ることができます。

街の中を散策すると、現存する最古のオリジナルのアドビ建築のひとつであるカサ・デ・ エストゥディージョ(La Casa de Estudillo)、カリフォルニア州で公式にお化け屋敷に指定されている1856年に絞首台の跡地に建てられたホエリー家の住居だったホエリーハウス博物館(Whaley House Museum)、サンディエゴ ユニオン新聞の当時の印刷室や編集室が見学できるサンディエゴ ユニオン博物館(Union Museum)など歴史的な建物を見学することができます。ガイド付きのツアーなどもあるので、街の歴史や建物に興味のある方はぜひ参加してみましょう。

オールドタウンでは、本格的なメキシコ料理やショッピングを楽しむことができます。オールドタウン州立歴史公園の中心にあるバザール・デル・ムンド(The Bazaar del Mundo)は人気のショッピング&ダイニング施設です。「世界の市場」と訳されるバザール・デル・ムンドには、受賞歴のあるレストランや国際的なショップが軒を連ね、民族衣装、宝石、陶器、家具などを見るだけでも楽しめます。また、ここでは、一年を通してさまざまなイベントが開催されています。

オールドタウンへは、サンディエゴのダウンタウンから10分ほどのドライブで訪れることができます。オールドタウン・サンディエゴ州立歴史公園の無料駐車場のほかにも周辺に多くの駐車場があるので心配は不要です。公園近くのビジターセンターでは、最新のイベント情報などを入手できるので、街や公園を散策する前に訪れておくことをオススメします。また、サンディエゴの歴史や建築に興味を持った方は、ガスランプ・クォーター(Gaslamp Quarter)へも足を運ぶことをオススメします。オールドタウンから近代化へと進むサンディエゴの歴史に触れることができます。

Old Town San Diego
Address: 4002 Wallace St, San Diego, CA
Web Site: Old Town San Diego

photo: ©︎Brand USA