サンタ・バーバラ(Santa Barbara)はロサンゼルス(Los Angeles)から北に90マイル(約145km)のところにある美しい海岸線の小さな都市です。山と海の間に位置し、穏やかな地中海性気候と赤瓦の屋根と白壁のスパニッシュ・コロニアル・リバイバル建築が点在する特徴的な風景から、”アメリカン・リビエラ”の愛称を持っています。海となだらかな丘陵地帯に囲まれたサンタ・バーバラは、ダグラス・フェアバンクス・ジュニア、メアリー・ピックフォード、チャーリー・チャップリンなどのハリウッドスターをはじめ、ロックフェラー、ヴァンダービルト、カーネギー、デュポンズなどの富裕層の避暑地となり、彼らはこの地に別荘をつくるようになりました。そのため、洗練されたレストランやブティックが並ぶようになり、全米トップ10のアートコロニーの1つに数えられほど質の高い芸術や文化を楽しめる場所としても知られるようになりました。

サンタ・バーバラの名前は1542年にカリフォルニア沿岸を探検していたスペインの探検家フアン・カブリロによって名づけられました。18世紀に入るとスペイン統治の時代を迎え、1786年にカリフォルニア・ミッション10番目のミッションとなる、オールド・ミッション・サンタ・バーバラ(Old Mission Santa Barbara)がこの地に建てられました。”クィーン・オブ・ザ・ミッション”とも呼ばれるこの美しい歴史的建造物は200年経った現在でもこの地の人々の厚い信仰を集めています。

サンタ・バーバラの海岸は砂浜のビーチが広がっています。朝日や夕陽の美しい海の風景を楽しむのであれば、レッド・ベター・ビーチ(Leadbetter Beach)がオススメです。ダウンタウンからほど近く、広い駐車場があるのでクルマでのアクセスには最適。さらにレッド・ベター・ビーチからショアラインドライブをクルマで10分程度行くと、1872年に建設されたカリフォルニア州で最も古い現役の木造埠頭スターンズ・ワーフ(Stearns Wharf)に到着します。太平洋の海に真っ直ぐ伸びた埠頭はいつ訪れても素晴らしい風景を見ることができます。

サンタ・バーバラは文化の面でも多くの注目を集めています。ここには、アインシュタインも訪れたサンタ・バーバラ自然史博物館(Santa Barbara Museum of Natural History)をはじめ、50を超えるミュージアムがあります。そのなかでも近年注目を集めているのは、2017年人気のファンク・ゾーン地区にできたMOXI The Wolf Museum of Exploration + Innovationです。科学や芸術などさまざまな分野を遊びながら学習することをテーマにつくられた子どもから大人まで楽しめる体験型のミュージアムです。

そして、セレブたちが集まるこの地にはショッピングや食事を楽しめる場所も数多くあります。気軽に地元産の食材を使った料理を楽しみたい方は、ダウンタウンの中心にあるサンタ・バーバラ・パブリック・マーケット(Santa Barbara Public Market)を訪れるのがオススメです。また、かつて製造業の工業地区だった場所にアーティストが集まってできた注目のスポット、ファンク・ゾーン(The Funk Zone)に足を運び、アートに溢れる街でのショッピングや食事を楽しむのもよいでしょう。

サンタ・バーバラは、ロサンゼルスから101号線を経由して1時間半ほどのドライブでアクセスすることができます。町全体が洗練された雰囲気で、レタ(The Leta)ホテル・カリフォルニア(Hotel Califronia)のようにこの町に流れる優雅な時間を楽しませてくれるホテルも多数あります。セレブたちが過ごすゆったりとした時間の流れる、洗練された雰囲気を楽しませてくれる場所です。

Santa Barbara
Address: 120 State Street, Santa Barbara, CA
Web Site: Santa Barbara

photo: ©️Brand USA