ハンティントン・ビーチ(Huntington Beach)は、年間を通じて温暖な気候に恵まれ、太平洋を望む8.5マイルも続く美しいビーチのある町です。世界中からサーファーが集まるサーフカルチャーの発信地であり、USオープン・オブ・サーフィンの開催地としても知られています。

この町の名前は、1900年代初頭に最初に街の開発を手がけた鉄道王ヘンリー・ハンティントンから付けられました。当時は静かな海辺の町でしたが、1920年に石油が発見されたことにより大きな経済発展を遂げました。時を同じくして、オリンピックの金メダルリスト、デューク・カハナモクがこの地にサーフィンをもたらし、現在に続くサーフカルチャーが誕生しました。1960年にU.S.サーフィンチャンピオンシップのテレビ中継によりハンティントン・ビーチがサーフィンの町として世界的に有名になると、石油の採掘は徐々に制限され、美しいビーチが保護されるようになりました。そして、1991年に”サーフシティ USA”が正式にハンティントン・ビーチの愛称として認められました。

ハンティントン・ビーチのランドマーク、ハンティントン・ビーチ・ピア(Huntington Beach Pier)はぜひ訪れておきたい場所です。太平洋へ真っ直ぐと伸びる1850フィート(56.3m)の桟橋からは、青く広がる美しい太平洋の風景が楽しめます。桟橋の先にある南カリフォルニア発祥のダイニングレストランチェーンのルビーズ・ダイナー(Ruby’s Diner)で、美しい海の風景やサーファーの姿を眺めながら、ハンバーガーやシェイクでランチを楽しむのもいいでしょう。

この地のサーフカルチャーに触れてみたくなったら、世界最大のサーフボードのある国際サーフィン博物館(International Surfing Museum)やサーフィン・ウォーク・オブ・フェイム(Surfing Walk of Fame)を訪れましょう。また、時間に余裕があれば、無料で入場可能なハンティントン・ビーチ・アートセンター(Huntington Beach Art Center)に立ち寄り、この地のアートに触れてみるのもオススメです。

ダウンタウンには、ショップやレストトランも多数ありますが、海岸沿いにあるパシフィックシティ(Pacific City)ならショッピングも食事も気軽に楽しむことができます。この施設内にあるフードコート、ロット 579(Lot 579)には、クラフトバーガーやクラフトビールを提供するザ・アメリカン・ドリーム(The American Dream)、棒付きジェラートのポップバー(Popbar)、寿司も楽しめる(Bear Flag Fish Co.)などがあり、おしゃれな空間の中で食事やカフェを楽しめるとあって人気です。

ハンティントン・ビーチは、ロサンゼルスからはレンタカーで1時間ほどでアクセスすることができます。サーフィンで賑わうユニークで美しいビーチシティのハンティントン・ビーチへのドライブは、海岸線を走りサンデイエゴ(San Diego)まで行くルートはもちろん、テーマパークを楽しむアナハイム(Anaheim)や砂漠の街パーム・スプリングス(Palm Springs)などと組み合わせて計画してみるのもよいでしょう。

Huntington Beach
Address: 155 5th St Suite 111, Huntington Beach, CA
Web Site: Huntington Beach

photo: ©️Brand USA ©️Visit Anaheim ©️KURUMAG.